シャロンランゲージスクール料金表

コース・料金

<英語  中国語  台湾の中国語 初級韓国語>

コース–料金(税込) 

 *2人のレッスン45分(小・中学生)        6,600円/月4回  

 *2人のレッスン60分(その他学生・一般)  8,600/月4回  

 *1人のレッスン60分(小・中学生)    10,500円/月4回

 *1人のレッスン60分(高・一般)     12,600円/月4回

 *派遣・出張レッスン(保育園・幼稚園・企業等)  36,000円/月4

 (交通費は不要です) 

 *英語・中国語オンラインレッスン45(高校生以上)レッスン料は相談

 日本語 ベトナム語

 *1人レッスン 60分  12,600~/月4

 *ポジティブレッスン

 「語学学習をしながら、日常の会話や社交性の苦手な生徒方に

  自信が持てるようにアドバイスや指導を行う。」

レッスン時間、料金は各生徒インタビュー相談必要)

2017/01~04

久しぶりに更新します。4月末になって、やっと少しゆっくりとしたペースのスケジュールになって来ました。1月からの4か月間いろんな出来事が有りました。振り返って見ると、大変な事も有りましたが、やはり良い出来事や楽しかったことが多かったです。特に出会いとしてはオランダ人、カナダ人、香港人などが有り、大変楽しくおしゃべりをしました。もちろん台湾人との出会いが最も多かったです。何とかスケジュールをクリアー出来た事を感謝しています。

この5月のゴールデンウィークは親戚の結婚式に出席します。新郎側の親戚ですが、新郎が高校生の時に英語を教えたことが有ります。もう20数年前の事です。その頃は多くの小、中、高生の生徒に英語や中国語を教えていました。現在の生徒方の年齢を知ると、本当に長い歳月が過ぎ去ったとつくづく思います。ほんの数人ですが、未だ時折連絡を頂いております。本当に嬉しく思っています。

今年は小さな講演の依頼がすでに三か所予定されています。大したお話では無いのですが、私が実体験を通して学んだ外国の方との交流や接遇など、また今後の活動の方向性などをテーマにするつもりです。

”語学を学ぶ過程は人間の成長そのもの”と言う方がいますが、私の人生を振り返ると本当にそうだなと思います。そして今、つくづく考えさせられることは高齢者になっても語学はを学ぶものは、日常多くの新鮮な感情を与えられるような気がします。48年ぐらい前の遠い昔、英語を用いて外国の方と話が通じた時、それだけで楽しかったのですが、今はいろいろな会話をし有意義な時間を過ごしています。

皆さんがご存じのように、近年インバウンドによる国内の経済効果にしても著しく伸びています。地方ではまだまだチャンスが有ると思います。是非一緒に簡単で実践的な語学学習をしませんか。

2017/05/01

今後は—

今年は年明けから計画が余りまとめられずに少し困っております。もちろん原因は分かっているので気候が暖かくなるにつれて順調に行くのではと思っています。とにかく今年は仕事を減らして行くつもりです。やはり年齢と共に以前のように多くの仕事をこなすのが難しくなりました。但し,少なくすれば十分楽しみながらやって行けそうです。何故なら以前のように余り利益率のようなものを考えずに出来るからです。例えば、どんどん台所は狭くしますが、生徒方にはより美味しい料理を提供したい、そんな事を希望しています。現代社会はインターネットを用いて世界のピンポイントな情報を知ることが出来ます。私はSNSで多くの海外の方々と常に連絡を取っています。興味のある生徒方はいつでも申し出て下さい。SNSのお友達を紹介します。楽しい語学学習が出来ると思います。
2017/01/31

年末のメッセージ

sharons-cabin今年も後、1週間余りになりましたね。今年はオリンピックが開催され、一時的に活気が有るように思われましたが、海外からの不安なニュースや国内外の不安定な天候などで、何か気が付くと年末になっていたという感が有ります。ただし、私は楽しかった事も多かったです。それは外国から四国へ訪れる多くのお遍路さんと出会ったことです.私は語学教室で語学を教えていますが、その傍ら小さGuest Houseを営業しています。

遠い海外から四国お遍路の旅に来た方々と出会うのは自然と特別な感情が生まれます。ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、メキシコ、ニュージーランドまたアジアではインド、マレーシア、香港、台湾、韓国などの国々から訪れました。もちろん日本人の方が宿泊する場合も有りますが、私の簡易宿泊所は優先的に外国の方を受け入れています。だから宿泊するお遍路さんとは中国語や英語による会話がほとんどです。四国お遍路の旅に来た多くの外国の方々と話してみると、思いや考えは様々ですが、一つ共通していることは、この自然あふれる平和な四国路で地元の多くの親切な方々との出会いや初対面の人が笑顔で触れ合うことで生まれる何気ない安心感や幸福感を味わうことがとても楽しいようです。

来年はどんな方々と出会えるか今から少し期待しているところです。

2017/12/23

台湾訪問

三峡 02.jpg

11月2日から6日までの台湾訪問はとても有意義でした。知り合いや友人達に久しぶりに会い大歓迎を受けました。空港出迎えから空港見送りまで全部で会った人数は19人でした。さすがに疲れましたが、地元に帰ると,また行きたくなりました。近年は急に友人が増えて、4泊5日では少し時間が足らなくなりました。帰って来てからも、2人ほど会えなかった友人から連絡が入りました。本当に嬉しいことです。来年、再び台湾へ行くようになれば一か月ぐらい滞在したいと考えています。そうするので有れば今から体調管理をして行かねばと思っています。写真は私が何回も訪れたいところです。

三峡 04.jpg

 

Visiting Taiwan

約一年ぶりに台北を訪れることになりました。とにかく時間が有れば出来るだけ多くの友人、知人にお会いしたいのですが、今回も4泊5日というショートステイになっています。

仕事の合間に行くことになるので仕方が有りません。しかし、少しの時間でもお会いして話をすることが大切なのではと考えています。特に外国の友人は特別なものが有ります。

「論語」の「学而編」の中の「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」、外国の友人と久々に会って歓談するのはまさにこのことではないでしょうか。もちろん、同じ日本人の友人と久々に会って話すのもとても楽しいのですが・・・

私の場合は中国語を用いて台湾の友人と話すのですが、話し相手を母国語の日本語で話すようには理解できません。ところがそのことが却ってお互いが相手の事を良く気遣うことになるような気がするのです。大げさにかも知れませんが、そんな会話が人生の楽しみの一つです。当然ですが外国語を用いてのビジネスにおける会話とは全く違います。これは本当に疲れます。私が語学学習の好きなところは文化の異なる外国の友人と楽しい会話ができることです。国家や言葉、その他の文化が異なっても同じ人間と感じる時が多く有ります。皆さんはそのような経験は無いですか。

2016/10/24